• PRセンター

2006 CeBIT 参加記
  • Date: 2006-09-05

今年で5回目の世界で最も大きなIT展示会であるドイツのハノーバーCeBITに参加した。

□ 展示ブースのセッティング

昨年までは韓国共同館の4つのブースで展示を行なったが、今年は初めて6つの独立ブースを用意して展示を行なった。

独立ブースには様々な長短所があった。6個のブースを確保してより多くの新製品を発表でき、ザルマンテック製品をかたどったブースのデザイン(FHSピン形状、CNPS9500を利用した造形物)で多くの観客の注目を集め、多くの人に「あ!これはうまいブースだ!」と思わせることができた。

初めて独立ブースで参加したが、皆さんの助けを受けて無事にブースを設置することができた。

□ ザルマンテック展示場の紹介
ホームシアターシステム 水冷クーリングシステム 高性能クーリングシステム
低騒音クーリングシステム 低騒音クーリングシステム ポートゾーン(新しいクーラー製品の展示)
ゲーム用コンピューターシステム ゲーム用コンピューターシステム ザルマンテック・ヒストリーゾーン
特に、今回の展示会に展示した新製品は次の通りだ。
- CPUクーラー : CNPS8000、CNPS9700 LED、CNPS9500 AT
- VGAクーラー : VF700 LED、VF100
- ノースブリッジクーラー : ZM-NBF47
- パワーサプライ : ZM360B-APS、ZM460B-APS
- リキッドクーラー : WB4、GWB3、NWB1、RF1、R1+
- PCケース : Champion、TNN300 Plus、HD160

□ ザルマンテック展示場の反応
全世界すべての展示会で、参観人員が減っている。だが、ザルマンテックブースを訪れるバイヤーや記者は相変わらずである。

様々な新製品を展示するためにスペースを割き、ブース内の通路が狭くなったことに対して観覧者に申し訳ない気持ちで一杯だ。当然、新製品の展示が最も多く、ポートゾーンに多くの関心が集まり、ミリタリールックのゲーム用コンピューターシステムも多くの関心を集めた。

2006ハノーバーCeBITの展示期間中、主催者側が発行する日刊紙にザルマンテックのCF900が掲載されると言う快挙も遂げた。

□ 展示参加者の活動
海外展示には、自社のスタッフにそれぞれ役割が与えられる。バイヤーミーティング、展示企画、展示場セッティング、新製品の広報、新製品の発掘、IT業界のトレンド分析、競合製品の調査などがある。しかし、各役割に見合う者を全員連れて行くことはできず、展示会の参加者が多くの役割を兼ねる。展示前には展示ブースを設置し、展示期間中はバイヤーに会うため、緊張の連続、疲労の連続だ。特に、初めて展示会に参加するスタッフは特に疲れる。

□ 競合会社製品およびザルマンテックのコピー製品

□ CeBIT期間中の展示場の風景