• PRセンター

COMPUTEX TAIPEI 2005 参加記
  • Date: 2006-07-18

25周年となるCOMPUTEXが、台湾台北の台北ワールドトレードセンター(TWTC:台北世界貿易センター)で2005年5月31日(火)から6月4日(土)まで開かれた。ザルマンテックは1番ホールで6m×6mの大きさで参加し、CNPS9500 LEDなどの新製品を披露した。

1番ホールを2階から眺めた全景だ。1番ホールは4ヶ所の展示場の中で最も大きく、1,632ブースが設置されている。コンピュータ関連部品、周辺機器、マルチメディア関連製品が展示されている所だ。
2番ホールはグラフィックカードやマザーボードなどが主に展示され、イベントが多く、展示場のあちこちでゲームが行なわれている。最も賑やかな所でもある。
3番ホールはネットワーク関連部品、ソフトウェア、ホーム エンターテイメント製品が展示されている所だ。
4番ホールはINTEL、AMD、ABITなどが占有している。特に注意しないと見逃しやすい所だ。こちらでCPUの開発推移を把握できる。

□ ザルマンテックのブースの開場と閉場
今年は、展示会開幕前日の午後2時頃に到着する飛行機に乗るため、展示会のブースに少し遅れて到着した。しかし、ザルマンテックは海外展示会に多数参加した経験があり、展示場の門を閉める午後6時30分までに無事、ブースの準備を終えることができた。
展示会の当日、朝早くホテルを出発する様子。展示会が始まる日なので、早目に行かなければ、ブースをもう一度整理することができないためだ。今年は、展示会のユニフォームとしてザルマンテックのマークの入った白いシャツを用意した。
CNPS9500 LEDの開発担当者のチョン・サンジュン課長が、ブースで一番目立つスペースにCNPS9500 LEDの大型模型を設置している。特にインテリア会社に頼んで大型照明を設置し、自前で準備したハロゲン照明を設置してCNPS9500 LEDの大型模型が観客からよく見えるようにした。
ザルマンテックの直ぐ前がメインの通路で、CNPS9500 LEDに大型模型が目に付くようにする意図は大成功だった。照明が点いて、大型模型とサンプルがターンテーブルにより徐々に回る姿は、多くの観客の視線を簡単に集めることができた。
道行く観客でカメラを持っている人ならば、ほとんど全員がCNPS9500 LEDの模型の写真を撮り、携帯電話のカメラで撮る観客も多かった。
XBIT LABS(米国ハードウェア専門サイト)の編集長であるAnna S Filatora(女性の方)が訪れ、取材が行なわれた。
ザルマンテックのオランダのバイヤーであるH.ESSERSが訪れ代表理事と挨拶を交わしている。展示会の期間中、多くのバイヤーが訪れた。
展示会の期間中に駐台北韓国代表部のファン・ヨンシク代表が訪問され、韓国館の全体的な実績などに関して質問され、ザルマンテックのブースでは製品の特徴などに関して質問をされた。
Fatal1ty CPU & VGAクーラーのFS-C77とFS-V7を展示した。CNPS7700-CuとVF700のデザインを土台に、高rpmで作動する高性能のクーラーだ。
CNPS7700-AlCuとVF700-AlCuをマザーボードに装着して展示した。
RESERATOR 1 Plusは、新型CPUウォーターブロック(ZM-WB3 Gold)、VGAウォーターブロック(ZM-GWB2)とノースブリッジ・ウォーターブロック(ZM-NWB1)で構成されており、完璧な水冷式システムの構築および優秀な性能を提供する。RESERATOR 1 Plusには腐食を防止する専用冷却水(ZM-G100)が用意されている。
VF700及びそのOEM製品を様々な会社のグラフィックカードに装着して展示した。すでにVF700はEVERTOP、サファイア、ギャラクシーなどにOEM納品されている。
TNNシリーズの製品は、常に多くの観客の注目を浴び、今回の展示会でも同じであった。家庭用に開発されたTNN 300をPDPと連結してマルチメディアを実演した。
Fatal1ty CPU & VGAクーラーを装着して、透明な窓から見られるようにしたPCとQDT500を共に展示し、Reserator 1 plusを装着したPCもまた透明な窓からCPU、VGA、ノースブリッジ・ブロックへ装着した様子を見られるように、ディスプレイされている。
展示会を終えて、一番最後にCNPS9500 LEDの模型を片付けている。今回の展示会の期間中、常に大きな役割を果たし、多くの観客が触ったり回したりを繰り返し、ひょっとして壊れないだろうかという思う不安もあったが、無事に自らの役割を果たした。
ザルマンテックから今回の展示会に参加したスタッフは、代表理事を含んで計13人だ。先に帰国した4人を除いた9人が集まって台北101の建物の前で記念撮影をした。

□ CNPS9500 LEDの広報と雰囲気
CNPS9500 LEDの広報のために社内で直接大型模型を製作した。この模型を製作するために多くの苦労があった、結果的に大型模型は相当な広報効果と関心を集め、十分な役割を果たし、ザルマンテックの立派なコンパニオンとなった。
CNPS9500 LEDをインテルのマザーボードに直接装着した見本は、撮影モデルの役割を立派に果たした。
CNPS9500 LEDの独特のデザイン、重さが500gに満たない点、内蔵型水冷クーラーと対等な性能は、多くの専門家たちの話題となった。
CNPS9500 LEDに対して多くの質問がされ、海外営業部と研究所のスタッフは大変であったが、時には観客同士がその場で製品の説明をしたり討