• PRセンター

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

環境報告書の発行のの

今日、人類は地球的次元でますます悪化している環境問題に直面しており、これにより、環境問題は、人類が最も至急解決すべき課題となっています。環境問題は、消費者の購入においても最も重要な選択基準として定着しており、環境を無視した企業は、市場でも淘汰されるしかない状況を迎えています。

環境に優しい景悦をなおざりにしている企業は、21世紀の持続的な成長と超優良企業になる難しい認識の下、弊社では、2003年以来、諸企業活動に伴う様々な環境負荷要因を最小限に抑えるさせながら環境にやさしい商品の開発の先頭に立つなど、環境経営に不断の努力を傾けてきました。既存の環境マネジメントシステムを継続的に発展させる中で徹底した製品の環境影響評価を通じ、汚染物質の事前管理、環境にやさしい素材の拡大などに心血を注ぐなど、未来志向の企業の発展の礎を築いています。

今後も弊社では、持続可能な社会の発展のために、企業の経営真鍮に、自然環境との調和を最優先的に考慮するものであり、また、企業市民として人類が享受することができる美しい未来を保証の責任を誠実に遂行していくことを約束します。 あなたの持続的な関心と激励をお願いします。

概要

企業概要

弊社では、騒音と放熱技術をもとに、クーラーや電源など、人間に優しいコンピューティング環境のための製品開発と生産に専念している企業です。

環境報告書の概要

報告対象
本報告書は、うまくいけば、事業場(ソウル)の環境マネジメントの現状と成果を含んでいます。

レポート期間
保護期間は、2009年1月1日から12月31日までで、定量的な成果は、主に、2005年から2009年までの5年間のデータを示しています。

使用したガイドライン
本報告書は、環境省、2007年環境報告書ガイドラインに基づいて作成しました。

発刊対象
うまくいけば、技術の経営活動によって直接、間接的に影響を受ける従業員、政府、地域団体、顧客、パートナー、NGOなどの利害関係者を対象に、本報告書を作成しました。

掲載方法
ウェブサイト(http://www.zalman.com)で閲覧することができます。

追加の情報提供
本報告書のためのアドバイスや報告書の内容についてのお問い合わせがあればご連絡ください。 お問い合わせは、電話(02-2107-3232)、またはe-mail(zalman.co.kr)にしてください。

ビジョンと戦略

環境方針

弊社では、環境に配慮し、企業経営を実現するにあたり、生産活動、製品およびサービスのために発生する環境影響を最小化するために、次の事項を環境方針に設定して継続的に推進します。

• 弊社で環境方針

01 廃棄物の発生と排出量の最小化
製品開発段階での生産、流通、廃棄時までの環境影響を事前評価して廃棄物の発生や排出量などの環境負荷を最小 限に抑えます

02 環境に配慮し資源としての漸進的代替
環境に深刻な影響を与えることができる化学物質の使用工程を改善して使用量を削減し、環境に無害な物質に代替 開発して使用しています。

03 資源とエネルギーの効率的な管理
新素材開発、効率の向上などの資源とエネルギーの節約型製品の開発を通じて、環境保護に貢献します。

中長期環境目標(2007年、2010年)

• 外注パートナー環境マネジメントシステムの構築

主なパートナーの環境マネジメントプログラムの提供とサポート

• 有害物質モニタリングシステムの構築

量産製品群の部門間のコラボレーションの強化とステータス情報をリアルタイムサポート

• 環境負荷の継続低減

汚染物質の持続的低減の推進と廃棄物のリサイクルを増大

2009年の環境目標の達成実績

中長期環境目標を達成するための、今年の環境目標と達成の実績は以下のとおりです。

  • 部門
  • 2009年目標
  • 2009年に達成実績
  • 環境マネジメントシステム
  • 新製品の環境評価
  • 製品17種
  • 協力会社の環境経営支援

  • 主なパートナー環境影響評価

  • 同県の金属外2社の環境影響評価と改善活動の展開
  • 環境有害物質の監視
  • ROHS管理システムの運用
  • システムを補完

環境マネジメントシステム

環境マネジメントシステム

弊社では、すべての組織のメンバーが参加して、環境問題を解決することができる環境マネジメントシステム つまり、ISO14001の認証を2003年に取得しました。また、環境マネジメントシステムに基づいて、会社の目的及び目標を設定し、環境改善に努めています

環境事故対応システム

緊急事態と緊急時対応シナリオを策定して、従業員模擬訓練を実施しています。

環境監査

01.内部監査業務経歴や資格に適した内部監査員で構成して年2回実施します。不適合は、管理責任者に報告され、そ の部門が速やかに是正措置するようにしています。

02.外部監査は、認証機関の審査員から年2回の審査することにより、環境マネジメントシステムの認証のために客観 的信頼と効率性向上を図っています。

環境への影響および性能

リソースの使用

弊社では、主原料であるCUとALの資源購買と使用量に関するデータの管理を通して、限られた資源の効果的な使用のために原料の損失と漏れ量を最小限に抑えるための努力を展開しています。 また、継続的な高ピョユル新製品の開発を通じて、本質的に単位使用量の削減を実現しています。

エネルギーの使用

工程改善と製品構造の改善、システムの効率を向上させ、エネルギーの節約のために努力を継続的にしているが、08年比で09年の生産量62%減と単位生産量当たりのエネルギー効率の悪化

廃棄物の排出とリサイクル

事業活動の中で発生する廃棄物は、一般的な廃棄物流のみ発生しており、事業場に設置された廃棄物の集荷場に分別して資源のリサイクルを高めています。 水、温室効果ガス、オゾン層破壊物質、大気汚染物質、水質汚染物質などは、生産過程で排出されるか、または使用されていません。

環境影響評価

弊社では、毎年2回事業場の変動の現状について、環境影響評価を実施しています。 2010年1月の評価結果によると、大気、水質、騒音/振動などの環境への影響はありません。

環境にやさしい製品

環境にやさしい製品を望む緑の消費者の欲求を満足させるために、製品開発の初期段階から環境に配慮した製品設計をしています。また、弊社では、2005年から設計段階で製品の環境への影響の評価と分析を実施してきています。そしてヨーロッパの環境規制に備えて、製品に含まれている有害物質のDATA BASEを構築して現状を把握して、2006年3月以降、規制されている有害物質の管理をROHS基準に管理し、製品のリサイクル率を高めるために、製品群別にリサイクル性を高めるための様々な研究開発を行っています。

製品ライン別のリサイクル機能率

  • 対象製品
  • 法規目標値
  • 弊社で
  • CPU
  • 65%
    (IT、通信機器)

  • 88.5%
  • VGA
  • 86.1%
  • CASE
  • 98.5%
  • PSU
  • 95.9%

利害関係者のパートナーシップ

環境に配慮し、サプライチェーン管理

弊社では、環境に配慮し、サプライチェーン管理のために、2006年からの主要なパートナーの環境マネジメントシステムの構築をサポートしています。 2009年にも2つの供給会社に対して、環境影響評価を弊社でと共同で実施し、これをもとに、環境影響の日付を登録、管理し、環境負荷を継続的に低減することができる活動を展開しています。

コンプライアンス

  • 部門
  • 内容
  • 環境事故
  • 環境苦情
  • なし
  • なし

弊社では、継続的に、第、改正された環境法規の適用するかどうかを確認し、遵守することができる管理システムを維持しています。事業所内で、2009年の環境事故や苦情の発生はありませんでした。

認証

弊社では、2003年にISO14001の認証を取得しており、これを既存のに内部的に維持していた環境マネジメントシステムと結合させました。この認証の取得により、当社の環境マネジメントシステムが暑い効率的に運営されています。